2018年5月19日土曜日

【2018年新茶情報】新茶 茎茶 発売しました

大変長らくお待たせいたしました。

本日より新茶 「茎茶」
100グラム  648円(税込)
発売しました。

今年も杉本園の新茶をよろしくお願い致します。




【2018年新茶情報】新茶 芽茶 発売しました

大変長らくお待たせいたしました。

本日より新茶 「芽茶」
100グラム 756円(税込)
発売しました。

今年も杉本園の新茶をよろしくお願い致します。




【2018年新茶情報】新茶 600円 発売しました

大変長らくお待たせいたしました。

本日より新茶 「若葉」
100グラム  648円(税込)
発売しました。

今年も杉本園の新茶をよろしくお願い致します。



2018年5月14日月曜日

【2018年新茶情報】新茶 800円 発売しました

大変長らくお待たせいたしました。

本日より新茶 「青葉」
100グラム 864円(税込)
発売しました。

今年も杉本園の新茶をよろしくお願い致します。



留学生お茶体験

毎年恒例 青山学院大学国際センターの留学生と職員の皆様が茶摘み・茶道・工場見学の体験にお越しくださいました。

本年は留学生約40名にご参加いただきました。
主な国籍は…
アメリカ、メキシコ、イギリス、オーストラリア、ミャンマー、フィリピン、インドネシア、マレーシア、タイ、中国、韓国、台湾、ブータン、アゼルバイジャン、モルディブ、フランス、ドイツ などです。

こんなマイナーなお茶屋に毎年たくさんの外国の方に来ていただけるなんて…といつもビックリしてます。笑







お茶摘みではお茶の葉っぱを初めて見る学生さんがほとんどです。
摘み方を確認しながら丁寧摘み取り、慣れてくると写真を撮りながら賑やかにお茶摘みを楽しまれている様子です!





茶道体験は東大和市の小林社中の皆様にご協力いただきました。
プロフェッショナルによる茶道の作法やお抹茶の点て方を留学生に間近で見てもらい、その後、東村山市の銘菓 清水屋さんの美味しい柏餅と一緒にお抹茶をお召し上がりいただきました。
KIMONOとMACCHAとWAGASIを体験した留学生の皆さんは興味深そうに写真を撮ったり、恐る恐る抹茶の味を楽しんでいる様子でした。



お茶づくりの工程や機械の紹介は日本人でも理解しづらい部分がたくさんあります。
なるべく噛み砕いて、優しい日本語でゆっくり説明を頑張りますが「なんのこっちゃ?」状態なのが毎年恒例の工場見学。
なので今回は余計な説明はせずに、機械の動き方や音を中心に「お茶工場はこんなところ!」という雰囲気を感じてもらいました!

短い時間でしたが最後は記念写真をとって終了です。

今後彼らが日本での生活の中で日本茶をたくさん飲んでいただける事を期待するとともに、母国に帰った際には日本茶をたくさん広めてもらいたいと願っています!

※本日のイベントはお忙しい中たくさんの方々のご協力に支えられながら進行することができました。
ご協力いただきました皆様に心より御礼申し上げます。

2018年5月12日土曜日

番刈り

一番茶の収穫が終了した茶園の剪定を行いました。


茶畑は普段青々としているのでそのギャップに驚かれる通行人の方も多いです。

めちゃくちゃ雑な刈り方をしているように見えますが、実は精度を保って選定しています。


刈り込む高さは地上30cm〜40cmくらいにおさめて、太い幹から分かれた枝の少し上で切ります。

「中切り」とか「番刈り」とか呼ばれる作業です。
茶の樹が高くなり作業がしづらくなった時や収穫するお茶っぱの品質を向上させるためにこの作業を行います。

ちなみに高級抹茶をつくる産地ではこの作業を行ったのち1年間枝を伸ばして手摘みで収穫を繰り返す自然仕立て栽培が行われています。

実はこの作業、重い機械を使用して行うため超ハードです。
作業が終わり店舗でお客様にお茶を淹れた時は手がプルプルして大変でした。

2018年5月11日金曜日

お茶摘み

先日の降雨で中止となった地元小学校の茶摘み授業ですが、なんとかお茶づくりの授業だけでも実施したい、させてあげたい…というご要望のもと、代行でお茶摘みに出向きました!

(児童はお茶摘みの為に長靴や紙袋を用意して楽しみしていたのに中止になったことでご立腹の子がたくさんいたらしいです…苦笑)

この時期は遅れ芽と成熟した葉っぱが混在しています。


手摘みほどキレイには摘めませんが約10キロを機械により収穫することに成功しました!


この後工場にて蒸して冷凍保存しました。
ひとまず授業が成立しそうなので学校側もこちらも安心です。

早摘みした他の茶園では遅れ芽も出揃い、風に吹かれて気持ち良さそうでした!